法律は身に着けておいて損のない武器

更新日:3月8日



法律は○○○○○○○の味方

(※答えは画像の下にあります)



法律は、スポーツと同じで、 安全・安心に生きていくにために知っておくべきルールです。



一言一句法律の文言を覚える必要はありませんが、



自分の仕事やプライベートで関係する法律は、最低限理解しておく必要があります。



ケースバイケースの細かい部分は専門家に任せて、



法律の知見は持っていたほうが生きていく上で有利になります。



行政書士などの国家資格で勉強するのも一つの手段ですが、 勉強自体が面倒だという方には、



記憶術が良い武器になります。



単純に文言を覚えるのではなく、



どんな目的でどこまで理解しながら、必要な情報を取捨選択して記憶するのか。



記憶術以外にも覚えるための方法はいくらでもありますが、 世界的にも有名な記憶術を駆使しながら、 思考力も一緒に鍛えていけるかどうかで見える世界は大きく変わります。



▼オンラインでの無料相談はこちら



思考力と知識量は相乗関係

期日までに目の前の課題を”どんな手段を使って”解決できるか考える上で、



課題に関係する情報について一定水準の知識量は必要条件になり得ます。



「思考力 vs 知識量」という話もありますが、



片方だけ一定水準に達していても、



もう片方が一定水準に達していなければ必ず空回りします。



知識量と思考力は相乗関係のため、両方をバランスよく鍛えていくことが重要です。



過去に私は知識を得ることばかりに集中し、思考力を鍛えることを疎かにしたことで、



各課題の根本的な原因を見つけることができず、



一時的な対策ばかりを繰り返してきたこともありました。



わかりやすい例を挙げると、



朝起きれないから目覚まし時計の数を増やすなどが良い例です。



本質的な原因を見つけ出し、改善をするためには、



「構造化思考」・「仮説思考」・「システム思考」の訓練をしながら、



NextActionを決めてアプローチすることが重要です。



”思い出に残ること”が私の記憶術におけるテーマでもあるため、



サポートを行う際には、現状の課題をお聞きした上で、



自立支援を前提に 課題解決をするために何が最適な手段なのか、



お客様と一緒に私たちがサポートいたします。



▼オンラインでの無料相談はこちら


法律は「知っているもの」の味方



話を本題に戻すと、リスクを考慮しながら仕事や生活ができるかは、法律を知っているか知らないかの差です。



このギャップを埋めるための手段の一つとして、記憶術は最適です。



あなたはゴールまでの道のりを自らの足で走りますか?



それとも、



自転車や車、もしくは飛行機を使ってゴールまでたどり着きますか?



ゴールまでの距離は一緒でも、選ぶ手段によって到達までのスピードもリスクも違います。



スピードを加速させる手段が記憶術であり、 安全を守るために足回りを保護する役割が法律です。



目標とする時間までに必要な情報を記憶して、 環境に応じた最適な形に変換するために、記憶術や思考法は最善の手段です。



ぜひ一度、オンラインにて現状の課題をお聞かせください。



▼オンラインでの無料相談はこちらから





閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示