【重要】記憶術が人生を変える

更新日:3月8日


「記憶術」を手に入れるとどう変わるのか?

こんなお悩みございませんか?

  • 約束した大切な予定を忘れていた

  • 覚えることが多すぎて、講義や仕事になかなかついてけず、その場しのぎ

  • 課題解決をしようと対策をしたが、改善できずに挫折した


記憶術を常日頃から活用することでどうなるのか。



何年何月何日にどんなことがあったのかをすぐに思い出し、



お客様や友人からの信頼を得ることができます。



あることを欠かさず続ければ、手帳やカレンダーを見なくても思い出せるようになり、



予定の抜け漏れも防ぐことができます。



セミナーや講義中にメモを取らなくても、



脳にダイレクトに記憶として残すことができるため、



学んでいるその場で、思い出す仕組みを作ることができます。



「ノート ✖ 思考法」で知識を活かす

本来、ノートは記録するためだけに使うものではなく、 ”構造化”や”仮説思考”、”システム思考”を行うために使うものです。

  • 今学んでいることがどんな形をしているのか?

  • 一つ一つの情報にどんな関係があるのか?


ノートを使って、全体像をつかむためのデザインをすることで、



ノートがその場で次のアクションを考えるためのアイテムに変貌します。


※記憶や法律の使い道について知りたい方は、こちらの記事



▼オンラインでの無料相談はこちらから



「目的=量×質×力」これがすべて

Q. あなたの目の前にある物の名前を声に出してみてください。



目の前にスマートフォンがあれば、それをなぜスマホと呼ぶのか考えてみてください。



あなたにとって、スマホが存在するための理由があるからこそ、



それはスマホとしての”役割”を持つことができます。



この役割を与えていなければ、あなたの目の前の物はただの文鎮です。



これはあなたの記憶にある価値観(思い出)によって引き出された役割であり、



呼び名や役割は、人によって違います。



物事に対して、目的や理由を関連付けることを常日頃から行わないと、



思い出すためのきっかけも薄れていきます。



目の前の物が自分に対してどんな影響を与えているのか、



多角的に考える習慣を身に着けて身に付けましょう。



▼オンラインでの無料相談はこちらから



あなたの人生の目的は何ですか?


ヒントは、「量(Experience)×質(Quality)×力(Manpower)」にあります。



あなたが積み重ねてきた経験が、人間としての人格となり、社会のマンパワーとして付加価値を生み出します。



量 or 質ではなく、まずは量をこなして、質と量に重きを置くかということを考える暇もないくらいに



できる限り本質をつかみながら、力を身に着けていくことで目標を達成できます。



そこから生まれるバックグラウンドがあなたの人格を作りだし、



周りに良い影響を与える役者としての存在意義・市場価値を生み出すことができます。



▼オンラインでの無料相談はこちらから



脳力をアップデート







閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示